太平洋戦争 日本が始めた七十年余前の十五年戦争で多くね人

太平洋戦争 日本が始めた七十年余前の十五年戦争で多くね人。素人ですが、憲法改正は。憲法改正に反対ですか 僕は、戦争をしても良いことなんて、一つもないと思います 戦争について学び、戦時中も戦後も苦しいこと、悲しいことばかりだったこのが分かってきました 日本が始めた七十年余前の十五年戦争で多くね人が亡くなり、国道が荒れ果てた反省があったからこそ、その後は現在まで平和であり続けたられたのです 今僕たちが楽しくいられるのは、戦火で命をやむなく落としたり、非常につらい思いをしたりした先人のおかげなのです この平和を、僕たちは何としても守り、そして維持していかなければなりません 次の世代に確実に平和なる日本をつないでいく必要があります 平和であることが一番の幸せ、僕は今、そう考えています 太平洋戦争。年昭和月日。真珠湾攻撃。日本のアメリカ。イギリスへの宣戦
布告で始まり。日本の降伏文書調印によって終わった戦争。日本
の指導者層は大東亜戦争と呼称した。年昭和の満州事変に始まる日中
十五年戦争の発展であり。日中戦争を三国同盟は一面では植民地分割協定で
あり。その面からいえば。戦争は世界再分割のための帝国主義戦争であった。
日露戦争後。満州問題。日本人移民排斥問題などをめぐり日米関係は悪化してい
た。

日中間の戦争の傷が未だ癒えない理由。の大井真理子が。中国人記者と共に両国を訪れ。戦争の傷がいまだに癒え
ない理由を取材した。年月に行われたデモで掲げられた紙には「日本人
は殺す」と書いてあった現在の日本のカリキュラムでは。万年以上
にわたる日本の歴史を。年間の授業で概論するだけだということ。それでは多く
の日本人が。隣国とのしかし。年に中国で起きた反日デモが暴徒化する
様子を見た後。二つの疑問が頭を離れなくなりました。年月日千葉市立郷土博物館:館長メッセージ。その他。~月開催「千葉氏パネル展」。~月開催特別展「軍都千葉と千葉
空襲」に向けての準備を急ピッチで進めております。こうした中で。これまで
当たり前であった勤務や学校をはじめとする社会の在り方に。誰もが否応なく
向き合わざるを得今から約年前に千葉の都市の礎を築いたとされる千葉
常胤とその父常重も平安時代の人物です。特に。コロナ禍の影響でステイ
ホームを強いられていた多くの方々にとって。江戸時代へのバーチャル追体験
旅行が。ほんの

昭和日本のおバカなテロと戦争昭和元年から敗戦まで第22話。日露戦争後の日本軍は。科学技術の進歩。兵器の発達による殺傷 威力の増大にも
かかわらず。白兵突撃万能主義を堅持し。精神上記引用は保阪 正康氏著『<
敗戦>と日本人』ちくま文庫。-よりこのころ浜口雄幸内閣の金
解禁政策昭和年月日が 裏目に出て。日本は経済不況のどん底にあった
—満州台湾。霧社事件年。昭和年月民間右翼は。政党政治
打倒をかかげ。軍部独裁政権こそが日 本の舵取りにふさわしいと主張するように
なった。

素人ですが、憲法改正は 国内向けだと思います。外国は、日本の法律の文言などより、日本が所有している軍事力にしか 興味がないと思います。古いですが、もうお読みになっているかもしれませんが、江畑謙介氏の「軍事力とは何か」等 読まれてみては?ここは意見や主張を述べる場ではありません違うでしょ今私たちが平和でいられるのは自衛隊と、米軍のおかげ日本を攻撃すればアメリカを敵に回すことになるっていう、「脅威」が日本を守ってる。尖閣竹島北方に関してはアメリカに関係ないからね。平和は軍事力によって保たれているんだよ中国の2019年度の国防費は、経済減速が続く中、前年実績比7.5%増の1兆1898億7600万元約19兆8000億円と突出している。日本の防衛予算案2019年度は総額5兆2986億円だけに、3.7倍の規模となっている。●ロシア核魚雷開発 日米に照準 中朝だけに目を奪われていては危険 夕刊フジ日本の安全保障環境が急速に厳しくなっている。中国の2019年の国防費は前年実績比7.5%増と、日本の防衛予算の約4倍まで膨れ、「反日」の文在寅大統領率いる韓国の国防費も日本とほぼ肩を並べた。ロシアは2019年春、広島に投下された原爆の100倍を優に超える威力最大2メガトンの核弾頭を搭載可能な新型原子力魚雷「ポセイドン」を就役させる。「今底にある危機」に目を向けるべきだが、我が国の国会では、厚労省の統計不正問題や、桜田義孝五輪担当相の適正問題が最大の焦点になっている。これで、国民の生命と安全を守れるのか。「海洋強国を建設する」中国の第13期全国人民代表大会全人代=国会第2回会議が、北京の人民大会堂で開幕した。李克強首相は政府活動報告で、こう宣言した。中国の国防費は、経済減速が続く中、前年実績比7.5%増の1兆1898億7600万元約19兆8000億円と突出している。日本の防衛予算案2019年度は総額5兆2986億円だけに、3.7倍の規模となっている。具体的には、中国海軍は2019年、初の国産空母の建造も進めている。東?南シナ海での軍事的拡張を進め、沖縄?尖閣諸島周辺海域に連日のように侵入している。宇宙空間の軍事的支配ももくろみ、現在の米国のミサイル防衛MDでは撃墜不可能とされる戦略兵器「極超音速飛翔体」の開発も急いでいる。まさに、日本の「安全保障上の脅威」と言って間違いない。国会議長による「天皇陛下への謝罪要求」や、海上自衛隊哨戒機への危険極まる火器管制レーダー照射など、常軌を逸した「反日」姿勢を示している韓国も要注意だ。韓国の2019年度予算案の国防費は約4兆7000億円で、日本の防衛予算と遜色がなく、このままでは日本を抜き去りそうだという。文在寅大統領は「1日も早く、親日残滓を精算すべきだ」と公言し、「南北統一」を悲願としているが、これが大問題だ。2019年2月末の米朝首脳会談でも、北朝鮮は「核?ミサイル」の完全廃棄を進める気はなかった。北朝鮮は、日本全土を射程に入れる中距離弾道ミサイル「ノドン」を数百発配備している。もし、南北統一となれば、朝鮮半島に「核を持った反日朝鮮国家」ができるのだ。これは「国家存亡の危機」と言える。ウラジーミル?プーチン大統領率いるロシアも油断できない。ロシア国防省は2019年2月末、核弾頭が搭載可能な新型魚雷「ポセイドン」の発射実験の映像を初公開した。全長10?以上で、深度1000?まで潜行し、最高速度は70ノット=時速約130km。航続距離は1万kmに達するという専門家の分析もある。プーチン氏は、「試験には成功した」「航続距離は無制限だ!」と演説し、2019年春に1番艦を就役予定と表明した。海に囲まれた日本や、同盟国?米国への脅威であることは確実だ。軍事ジャーナリストで評論家の潮匡人氏は「中国の国防費増強は『対米国』や『台湾侵攻』を念頭に置き、日本を含む周辺諸国への国益の最大化を目指している」「韓国も建前上、『対北朝鮮』で国防費を伸ばしているが、内訳を見れば『対日脅威』を潜在的に想定している」「ロシアの核魚雷は日米の脅威だ」「旧ソ連時代からの戦略は変わっていない」「中朝だけに目を奪われてはいけない」と分析する。我が国が、こうした「安全保障の脅威」に直面していながら、現在開会中の通常国会の審議には緊張感はみられない。の衆院予算委員会では、厚労省の統計不正問題や、桜田義孝五輪担当相の適正問題が集中的に取り上げられた。安全保障に関しては、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市の名護市辺野古移設をめぐる県民投票が取り上げられたが、日本の防衛力をチェックする視点や、沖縄の地政学的重要性を説くような質問はなかった。政治評論家の伊藤達美氏は「政治家は、国民に対し、安全保障環境の厳しい現実を丁寧に説明すべきだ」「国会では今こそ、大所高所からの建設的議論が必要だ」「立憲民主党などの左派野党はひどい」「安倍晋三首相の批判ばかり、小学生でもできるレベルの質問だ」「『空想的平和主義』からは卒業すべきだ」と指摘した。国会で、日本を守るための審議は開かれないのか。前出の潮氏も「中国や韓国、ロシアは本気で軍備拡張を進めているのに、政治家やメディアは周辺諸国の脅威を直視していない」「国民も理解できない」「このままでは、防衛予算だけでなく『国防意識の差』も開くことは間違いない」「恐ろしい未来が待っている」と語った。●中国?空母艦隊、ロシア?情報戦… 高まる中露の“脅威”に小野寺前防衛相が警鐘! 2019.3.8 夕刊フジ小野寺五典前防衛相58は6日、都内で日本の防衛政策について講演US-Japan LINK=田村玲子理事長=主催した。軍備拡張を続ける中国とロシアの脅威や、政府が昨年、閣議決定した「防衛計画の大綱」と、「中期防衛力整備計画中期防」について語った。「中国の空母艦隊が太平洋に進出すれば、日本は制空権を押さえられる」「海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦『いずも』の多用途運用などで、中国の脅威に備える必要がある」小野寺氏はまず、国防費が前年実績比7.5%増の約19兆8000億円と突出し、3隻目の空母を建造している中国について、こう語った。ロシアに関しては、2014年のウクライナ侵攻で、ハッキングやフェイク情報を流した事例を挙げ、「サイバーや宇宙空間などの能力はロシアが持っており、戦い方を変えるゲームチェンジャーといえる」と警戒した。小野寺氏は、今後の日本の戦略について、「脅威は旧来型の潜水艦やミサイルだけではない。身近で起こる情報戦やフェイクニュースも『ハイブリッド戦』の一環として、安全保障を考えることが重要」「ロシアの手口を知る北大西洋条約機構NATOとの協力も必要だ」と語った。●政府のアショア代替策は「洋上案」に、24日に与党に説明、年末までに最終結論2020.9.20 05:00政治政策政府が配備を断念した地上配備型迎撃システム「イージス?アショア地上イージス」の代替策について、敵ミサイルの捕捉、迎撃を洋上で行う「洋上案」に絞ったことが19日、わかった。レーダーを陸上に配備し、迎撃を護衛艦で行う「分離案」は技術的に困難と判断した。政府は24日に自民党会合など与党側に説明する。複数の政府?与党関係者が明らかにした。洋上案は、イージス艦を新たに建造する案や、地上イージスのレーダーなどを搭載したミサイル防衛MD専用の護衛艦を配備する案が検討されている。イージス艦を増艦すれば南西諸島防衛などMD以外の用途に振り向けることが可能な一方、調達費が高額に上り海上自衛隊の人員不足がより深刻になる。MD専用艦であれば調達費や人員がイージス艦より低く抑えることができるメリットがあるものの、どこまで予算を圧縮できるかは不透明で、専用艦を防護する装備も別に必要となる。政府はいずれかを選択する方針で、年末までに結論を出し、令和3年度予算案に反映する。予算案をまとめるのに合わせて防衛計画の大綱、中期防衛力整備計画も改定する。そのため、9月末の3年度予算概算要求では、金額を盛り込まない「事項要求」とする。これまでの検討の結果、分離案はレーダーと護衛艦の間でやり取りされる無線通信が敵からの妨害を受ける恐れがあり、レーダーによる敵ミサイルの捕捉と迎撃にタイムラグが生じる可能性があると結論付けた。このほか、人工浮島「メガフロート」に地上イージスを設置する案は、テロリストなどからの攻撃に対する警備上の問題から現実的ではないとした。安倍晋三前首相は辞任前の11日に発表した談話で、地上イージスについて「代替として取り得る方策については、検討を進めているところであり、わが国を防衛しうる能力を確保していくこととしている」と言及。敵基地攻撃能力とあわせて年末までに「あるべき姿」を示すとしていた。●〈独自〉米の小型衛星群構想へ参加検討 ミサイル防衛強化 来年度予算に調査費2020.8.30 21:18米国の新たなミサイル防衛構想を支える「衛星コンステレーション」への参加に向け、防衛省が来年度予算の概算要求に調査研究費を計上する方向で調整していることが30日、わかった。複数の政府関係者が明らかにした。中国、ロシアや北朝鮮が開発を進める新型ミサイルを捕捉し、迎撃につなげる。構想に本格参入すれば多額の経費が必要となるため、政府は費用対効果や実現可能性を慎重に見極める方針だ。米国の構想では、通常の早期警戒衛星は高度3万6千キロの静止軌道に投入されるが、衛星コンステレーションは300~1千キロの低軌道に1千基以上の小型人工衛星を投入する。2022年に実証機20基を打ち上げる。通常1基当たり数百億円かかる費用を、小型衛星は5億円程度に抑えられる。総費用は1兆円以上とされる。政府は、米国の開発状況を把握し、日本が得意とする高感度、広範囲の情報収集を可能にする赤外線センサーの使用を念頭に、参入の可能性を模索する。参入は米国との同盟関係の強化を図る狙いもある。中露と北朝鮮はマッハ5以上の極超音速で飛来し、低空から着弾前に再上昇するなど従来と異なる複雑な軌道を描くミサイルを開発。破壊目的で他国の衛星を攻撃する「キラー衛星」の開発も進めている。これに対し、低軌道に衛星を大量に配置すれば、低空で変則的な軌道を描く敵ミサイルを捕捉でき、一部の衛星が攻撃されても他の衛星でカバーできる。ただ、米国は詳細を明らかにしておらず、技術的な不明点も多いため、政府内には慎重な意見もある。米国では宇宙関連企業が小型衛星を大量使用した通信網整備を進めるなど、商用ベースが先行する。政府も衛星コンステレーションの調査研究と並行し、国内産業の成長促進を図る。コンステレーションをめぐっては、自民党のミサイル防衛検討チーム座長?小野寺五典元防衛相が7月末にまとめた提言書で、極超音速兵器の探知?追尾のため、無人機とともに活用を検討するよう求めていた。◇衛星コンステレーション米宇宙開発庁が昨夏に公表した新たなミサイル防衛構想。「constellation」は「星座」を意味する。▽通常よりも低い軌道に、ミサイルを赤外線センサーで探知?追尾する衛星200基▽地上を偵察?監視する衛星200基▽高速通信衛星658基▽宇宙ごみスペースデブリを把握する衛星200基など計1千基以上を投入する。具体的な指摘をする人を見た事がないのですが、改憲案のどこに問題があるとお考えなのでしょう? どこの部分に反対なのでしょう?自民改憲案:9条、73条、64条、47条、92条、26条、89条9条案は自衛隊の存在矛盾を解消しているだけのものですけど。これが悪いというと、自衛隊の存在を拒否する事だと思いますが。第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。---以下を追加---↓第九条の2第1項前条の規定は、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。第2項自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。憲法改正と戦争との因果関係はありません。改正自体問題ないと思います。それと、戦争は手続きをすれば、合法な行為であり、国際的にも認めらてます。以下、ウクライナのナザレンコ?アンドリー氏のお話です。私は5年前にウクライナから参りしまして、おそらく憲法改正の議論が最も活発な時期に日本で過ごしました。なので「平和」と「戦争」という言葉を何度も耳にしました。数年前ロシアに侵略され、一部の領土を奪われ、今なお交戦が続いているせいで毎日毎日新しい犠牲者が出てるウクライナの出身者だからこそ、どうしてもその議論に関心が向きます。護憲派の方々が軽々しく脅し文句として使っている「戦争」という言葉は私の祖国の現状だからです。そして、その改憲に反対してる方々の主張は、ウクライナが犯した過ちと非常に似ているので、強い危機感を覚えました。簡単に言えば、自称「平和主義者」は何と言っているかというと、それは「軍隊を無くして隣国にとって脅威にならなければ攻められないと。どんな争いでも平和を訴え、話し合いさえすれば解決できると。そして集団的自衛権を認めたら他国の争いに巻き込まれるから危険だと」では、ウクライナは侵略される前までずっと取ってきた政策と比較してみましょう。1991年にソ連から独立した時にウクライナには沢山の核兵器と100万人の軍隊がありました。しかし、維持費がかかるし、隣国に警戒されてしまうし、危険なのでウクライナは全ての核兵器を譲りました。代わりに「ブダペスト協定書」という国際条約を結び自国の防衛を他国に委ねてしまいました。そして、100万人の軍隊を20万人に。つまり、5分の1まで軍縮しました。しかも、大国の対立に巻き込まれないようにNATOのような軍事同盟にも一切加盟しませんでした。日本共産党の考える平和主義は、まさにこれではないでしょうか。こんな政策は素晴らしいと考えている方を是非、今、ウクライナの前線に連れて行きたいです。戦禍で燃え尽きた村の廃墟、ミサイルが落ちている中で学校の地下に隠れている子供、20歳までさえ生きられなかった戦没者のお墓を見せて聞きたいです。「あなたが望んでいる日本の未来はこれなのか?戦争は言葉によって止められるものなら、その言葉を教えてくださいよ。安全な日本にいる時だけでは戦争のことばかり話しているのに、どうして実際の戦地に一度も平和の精神とやらを伝えに行ったことが無いのですか?」そう聞きたいです。私に言わせれば、抑止力を無くして平和を得た国は無いでしょう。そして、抑止力というのは物理的なのだけではありません。もし国民投票の際、何千万人の日本人が投票所に来て、改憲賛成に票を入れたら、それはどういう意味しますかというと、「我々は外国によって強制的に押し付けられた法律を認めない。自分の国を自分で守る」という意味になります。そういう強い意志を示すことこそが最大の抑止力になると、私は思います。一方で、憲法改正されていない状況を隣国はどう受け止めるのでしょうか。「日本人って武力を持って攻撃したら、いつまでも押し付けられたルールに大人しく従うんだ。日本の領土を奪っても国民を拉致してもミサイルを飛ばしても国際条約を破っても何度も領土侵犯しても全く動こうとしないんだと。日本の国会に決断力がなくて、どんなに危機に直面しても行動を取らずに中身の薄い議論を続けるばかりなんだと」こういうふうに思われてしまうことこそは、戦争を招かざる得ない事態だと私は思います。そんなお被害妄想だと考え、隣国に侵略さっることは非現実的だと考える方もいらっしゃるでしょうが、実はウクライナ人だって2014年まで皆そういうふうに考えてきた訳なんです。しかし、今、平和ボケしてた時期を振り返ってみると、戦争が一切起こらないと考えさせることも、敵の戦術の一つだったと私は分かりました。ところで、日本国憲法の前文に「平和を愛する諸国民」とできますが、私もどんな国でも一般市民の大半は、平和を愛すると信じたいです。しかし、日本の隣国の中で権力者が国民の願いを聞いてくれる国なんてあるのでしょうか。その国々の国民はいくら平和を愛したって権力者が「戦争しろ!」と命令したら「NO!」と言えないのです。で、日本の野党の方々は、同じ日本語をしゃべって、同じ日本人である有権者でさえ説得できないのに、どうして全く違う国民性を持った外国人の指導者を戦争しないように説得できるのか私は分かりません。そして、議論が必要と何度も言いながらも議論から逃げる姿勢も不思議でなりません。国際情勢が深刻化する中で、国家の生存に関わる憲法改正問題をこれ以上先送りしていられないと思います。日本には今歴史的なチャンスがあります。そのチャンスをつかむか、台無しにしてしまうかによって子孫は良くも悪くもどのように今の日本人を評価するのか決まります。「令和」と名付けられた新しい時代に日本はやっと大和精神に基づく法令によって統治されるようになると信じたいです。そして、日本は、自立し、国際社会と対等な一員となることは日本のためにも世界のためにもなるはずです。これを聞いてどう思われますか?「改憲=戦争」ではありませんよ。[平和]は敵の攻撃意欲を萎えさせることでしか得られないっ平和の対義語が戦争である以上戦争そのものを否定する事は出来ません憲法改正に関しては条文を読めば分かりますが自衛戦争でさえ禁止されています現在は憲法解釈でやっていますが現行の日本国憲法では自衛隊も自衛戦争も本来なら憲法違反に当たります侵略戦争などはもってのほかですが自衛戦争さえ憲法違反と解釈された場合、極東有事が起きた際日本人は無抵抗に侵略され虐殺される可能性があります。世界的に見て自衛権、交戦権を憲法で破棄した馬鹿な国は日本くらいでしょうまた自衛権、交戦権は必然的に発生するので憲法に明記している馬鹿な日本国憲法は海外から見て異常そのものと言わざるを得ません仮に自衛権を発動して後に憲法違反と言われて釈明出来ません日本と日本人を守る為にも憲法改正は必要かと考えます。少しでも多くの日本人に憲法改正しなくては万が一の時に日本人を守れないという事を理解して欲しいと考えます。ちなみに改憲に反対している勢力は日本人などどうなっても良いと考える中国系、朝鮮系の勢力ですこの事もご理解して欲しいと考えます。そして憲法改正は国民の意思で行わなければなりません政治家が言うからとか戦争は悲惨とか、そうではなくご自身で戦争が起きたら日本と日本人がどうなのかもお考えいただけると幸いに思います。ヒント1:話し合いとは「約束の押し付け合い」であり、約束が破綻した場合の対応力こそを重視しなければならない。特に人為的な破綻違反行為を防ぐには、予め契約者に罰則、即ち損害を与える仕組みを用意し、約束を達成させる様に誘導しなければならない。罰則を実行する能力を抑止力と呼ぶ。しかし……ヒント2:中国は損害が損害として機能しない。歴代王朝を含め、損害は国内の政敵を粛正する口実にしか考えていない。他国と良心的な約束は期待出来ない。ヒント3:中国共産党はアメリカ合衆国の比較にならない程に多くの人を殺している。ヒント4:軍隊を保有しない国でも戦争は起きる。→タラ戦争ヒント5:憲法9条は日本による自発的な戦闘行為を禁ずるものであって、他国からの侵略戦争を防ぐ手段ではなく、まして戦争に巻き込まれない制度ではない。中国人の露骨なまでの日本人成りすまし、ご苦労様です。わが家を国で例えれば 外敵が入らないように 我が家の扉にカギを掛けることで取り敢えず専守防衛を果たしてます。万が一のために 木刀 バットの武器を準備してもよし日本だけが武力を放棄しても、相手が放棄しなければ戦争は無くならない。むしろ侵略され日本は悲惨なことになる。この理論は分かりますよね?確かに戦争は良くありません。悪いことです。無くさなければなりません。しかし現実は戦争を消滅させることはほぼ不可能です。相手があることだからです。ただ戦争を起こさなくすることは可能だと思います。いま議論されている憲法改正は、その戦争を起こさないようにするために、国際的には当たり前の権利を持とうとしているんですよ。それだけ日本の憲法は「異常」なんです。自分の身を守る憲法が無いのですから。理想論だけでは平和は創造できません。「憲法改定反対!」と唱えるだけで、平和が造れると思いますか?お金をかけ努力しないといけないんです。ご理解いただければいいんですが???。憲法改正に賛成している人は、何も戦争をやりたいから賛成しているんじゃないんです。戦争をさせないために、憲法を改正を賛成してるんです。中国を見て下さい。沖縄近海?尖閣諸島あたり、日本の領海に勝手に入り込み、日本の漁船を邪魔したり、もうやりたい放題!終いに、ここは中国の領海だ!と言う始末。もう、一触即発ですよ。北朝鮮を見て下さい。彼らは、日本を射程に収めて核弾頭ミサイルをこちらに向けてるんですよ。彼らの意思ボタン一つでミサイルが飛んで来るんですよ。韓国を見て下さい。日本の哨戒機に、彼らは火器管制レーダーを照射して来るんですよ。これは、もう戦争一歩手前の行為!日本の周辺には、こんな変な国が乱立しているんです。そんな中、日本だけ、武器も持たず、あなた方が言うように平和憲法、憲法9条改正反対、などと呑気なことを言っていたら、中国なんかあっと言う間に、日本を侵略してきますよ。現に、沖縄の漁民は、漁もできないくらい漁場を犯されていると聞いています。北朝鮮の船が、日本の海域に勝手に入って来て、わが物顔で排他的水域内EEZ内で漁をしていますよ。こういうのを、お人よしに、黙って見ていていいんですか?日本は、これらの国に、完全に舐められています。日本は、どうせ何もして来ない。と言うか、何もできない国だ。って思われているんです。今こそ、日本にしっかりした国防を根付かせ、憲法9条など取っ払って、日本には、指一本触れさせないぞ~という気概を各国に示さないと。あなたの言う平和は大事ですよ。もちろんです。その平和な日本を維持するためにも、あなたがた左翼の人は、今一度、国防というものを考え直すべきだと私は思います。そうだね。戦争はよくない。憲法改正に反対ですか?おおいに賛成です。戦争は相手があっての事?今世界中に侵略戦争を起こしてるのは中国共産党軍です。南沙諸島への侵略、尖閣諸島への領海侵犯、インドへの武力行使、その他超限戦の展開、一帯一路という植民地政策、目に余ります。日本が平和を求めても相手が攻めてきたら無力です。抵抗しなければ許してくれるのか?答えはウイグルやチベットを見れば明らかです。彼らの今の惨状をご存じですか?思想弾圧、不妊手術、臓器牧場、ありとあらゆる非人道的なことが中国共産党によって起こされているのに日本だけが話し合いで解決されると思いますか?戦争を起こさないための最も効果的な行動は、抑止力を持つことです?中国が日本の5倍軍事予算を組むなら日本も5倍出さなくてはいけません。それで相手は日本に手出しできなくなります。それが平和を守るということ?このような事は今の憲法解釈でもできます。憲法改正は賛成ですが、それは間違った憲法解釈に行かないように侵略戦争は放棄、自衛や集団的自衛権はしっかりやって中国のような覇権国家を国際的な秩序で封じ込める、さらにウイグル、チベットの解放に世界と連携して動くというスタンスを示すための内容を追加する点にあります。戦争で勝ってウハウハだったら戦争を繰り返してよいのですか?負けて苦しかったから戦争反対というのは薄っぺらすぎますよ。ついでに言えば憲法改正日米安保集団的自衛権全て反戦争ですので、これに反対する人ほど主戦派に思えますが。

  • ガチャガチャの求人 大型量販店内あるガチャガチャの補充や
  • デスクワーク 仕事でいつ座り腰ずっめちゃ痛いね
  • ?合成写真 って合成か
  • キャンセル料 そて韓国の予約客の45%キャンセルの申出て
  • 韓国への輸出規制って 日本韓国ホワイト国なくなったら韓国
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です